カープ親父の雑記帳

カープ好きなおっさんの日々の記録

息子の演劇会に思ふ

先日の日曜日、息子の通う幼稚園で演劇会があった。年少から年長のKidsが劇や合奏の発表するという会であり、この時期多いクソみたいな会社の忘年会と対極にあるそれはそれはとても愛おしい催物。かーわいいんだから、みんな。

我が息子もイノシシ役を立派に務めていた。なにより関心したのが、癖の鼻ほじを我慢できたことだ。「鼻ほじるとビデオに残るから恥ずかしい思いするよ!」が効いたのか?やればできるじゃないの、鼻ほじくん。

そして、超ベタだけど子供の成長は早いもんだなあと。特に幼稚園に通うようになってからは、親以外の影響がバンバン入ってきて完全に一人の人間として独立してきた感がある。そのうちチン毛が生えて声変わりして俺のことを「親父」なんて呼ぶようになって……あーやだやだ。

しかし、そう遠くない未来、息子がチン毛ボーボーになっているその頃にはどうなっているんだろうなあ。時代、世界、日本、家族、自分。