カープ親父の雑記帳

カープ好きなおっさんの日々の記録。が、いつの間にかほぼ昆虫飼育記になっていた……。

オヤニラミ 稚魚飼育①

感動の孵化から2週間が経過。あの可愛らしい稚魚達はどうなったかというと、隔離せず自然淘汰に任せた結果おそらく50〜60匹いた稚魚が10匹以下になっちゃいました。他魚に食べられてしまったのか、餌が足りなかったのか、原因は定かではないけど、だいぶ減った。

f:id:carpoyaji:20200329221455j:imagef:id:carpoyaji:20200329221510j:image

稚魚産まれてから水換えできていないから汚い写真で分かりづらいけど、生き残った稚魚達は約1cmくらいに成長し、オヤニラミっぽい模様も出てきたぞ。

f:id:carpoyaji:20200329223912j:imagef:id:carpoyaji:20200329224059j:image

飼育可能な数に落ち着いてきたし、これ以上放置すると全滅の恐れがあるので、このタイミングで隔離ケースにお引越し〜。

f:id:carpoyaji:20200329224601j:image

結局残ったのは6匹。まあ飼育するには良い数だけどねえ、10分の1になってしまった心苦しさはあるね。仕方ないけど。

f:id:carpoyaji:20200329221707j:imagef:id:carpoyaji:20200329221726j:image

稚魚の餌はと言うと、孵化から3〜4日経過したヨークサックが消失したあたりからブラインシュリンプをあげている。ブラインシュリンプって初めて使ったけど、これがなかなか面倒くさい。孵化条件が28℃の海水で強めのエアレーション効かせることなので餌を確保するだけで一苦労。

与えるのも小さなミジンコみたいなのをスポイトで吸って濾して水で塩抜きして……みたいな感じなので毎朝時間がない中でやるのは地味に辛い。メダカの稚魚なら専用のフードがあって楽なのになー。ま、しばらく頑張ります。

タランドゥスオオツヤクワガタ ブリード初挑戦⑥

前回からだいぶ間隔が空いてしまったけれども、ちゃんとやってますよ。タラちゃん。

【累代】CBF1

【産地】コンゴ民主共和国

【親】CB ♂67mm×♀47mm

最終的にレイシ材とボトル産卵を3発組み、最初のレイシ材から5匹採れた幼虫は超絶劣化しているカワラ菌糸に突っ込んで3ヶ月弱経過、ボトルはまだ割り出していない状況。飼育温度は18〜20℃くらい。

f:id:carpoyaji:20200326224919j:image

タランドゥス用の菌糸と言えばルカディア!ということで、初めて神長きのこ園からルカディアのブロックを購入し、先週詰めたやつがバッチリ回ったので菌糸交換とボトル組の割り出しをやることにしました。

f:id:carpoyaji:20200326230313j:imagef:id:carpoyaji:20200326230319j:imagef:id:carpoyaji:20200326230326j:imagef:id:carpoyaji:20200326230354j:imagef:id:carpoyaji:20200326230401j:imagef:id:carpoyaji:20200326230418j:imagef:id:carpoyaji:20200326230440j:imagef:id:carpoyaji:20200326230445j:imagef:id:carpoyaji:20200326230452j:image

消失と明らかな不全の2匹を除いて9匹の幼虫を確認できました。んー、思ったより少ない。12匹くらいはいるかと思ったのに。それにどの幼虫も体重乗ってないねえ。ここからルカディアのパワーでモリモリ増量を期待するしかないな!

f:id:carpoyaji:20200326235732j:image

目標の80mmアップを目指して頑張ります。

2020年 ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ ブリード開始

WDからブリードした個体が成熟したと見えるので、今シーズンのローゼンベルグオウゴンオニクワガタのブリードを開始します。

今シーズン種親になる個体はこちらの2ライン。ローゼンは昨年の経験から得た改善点を実行し、まずは70mmオーバーを目指します。

【累代】WF1

【産地】ジャワ島西ジャワ州Mt.salak

【親】WD ♂68mm×♀47mm

f:id:carpoyaji:20200314221954j:image

R-48ライン:♂63mm×♀48mm

f:id:carpoyaji:20200314222944j:image

R-46ライン:♂63mm×♀46.8mm

1週間ほど前に同居させたところ、しっかりメイトガードするようになっていたので、サッサと産卵セット組んじゃいましょう。

急いでいるのには理由があって、実は1ヶ月ほど前に♀が2匹とも落ちかけた。羽化から3ヶ月経った♀のマットを針葉樹に変えて数日経ったある日

f:id:carpoyaji:20200314223816j:imagef:id:carpoyaji:20200314223813j:image

1匹は動かなくなり関節はユルユルで完全に落ちているじゃないか……。もう1匹もほぼ動かず痙攣しているし……。とりあえずまだ息のあるほうは水苔をひいた別のケースに移し、死んだほうは標本にするかもしれないのでタッパーに入れた。この時は累代が途絶えるかぁと覚悟した。が、なんと翌日2匹とも復活。

歓喜歓喜歓喜の嵐。特に完全に死んだと思った関節ユルユルの個体が復活したのは驚いた。こんなことあるのね。しかし、こうなるとやはり原因は針葉樹マットっぽいんだよなあ。もう大事な個体には使えないわ。

さて、そんな復活劇を経験した♀達に産卵セットを組んでいきます。

f:id:carpoyaji:20200314225305j:image

今回は菌糸ビンをチョイス。個人的にローゼンで実績があるのと、数ヶ月前に自分で詰めて失敗気味で放置してたカワラ菌糸ビンがあったので丁度良いなと。

f:id:carpoyaji:20200314230150j:imagef:id:carpoyaji:20200314230203j:image

いつも通りズボッと穴を開け♀突っ込み、菌糸ビンをそのままケースに入れて完成のお手軽産卵セット!

f:id:carpoyaji:20200314230313j:image

23〜25℃の場所に置いて1週間ほど様子見です。

オヤニラミ孵化

先週オヤニラミがまさかの産卵をして、ぶったまげつつも無精卵だろうと高を括っていた。

だけどもだけど、楽しいので毎朝家を出る前にチェックしていたところ……

f:id:carpoyaji:20200312223445j:image

5日目、なんか目玉っぽいのが出てきてないか?
f:id:carpoyaji:20200312223442j:image

6日目、間違いなく目玉だ。キョロキョロ動いている。こりゃ無精卵じゃない。
f:id:carpoyaji:20200312223452j:image

7日目、特に変化なし。
f:id:carpoyaji:20200312223448j:image

8日目、卵の中で蠢いているのが見え、今にも孵化しそうな感じ。
f:id:carpoyaji:20200312223439j:image

9日目、今にも飛び出しそう。

f:id:carpoyaji:20200312224121j:imagef:id:carpoyaji:20200312224126j:image

そして、帰宅後に水槽を覗いてみると孵化してました!小さな産まれたての15匹くらいの稚魚が群れて泳いでいる姿、ただただ愛おしい。ヨークサック付きの稚魚可愛すぎる。可愛すぎて写真はピンぼけ(笑)

f:id:carpoyaji:20200312224527j:image

10日目の今日も続々と孵化が続き、数えきれないけど30匹くらいはいそう。全部孵化すると60匹くらいになるのかな?

繁殖なんて全く狙っていなかったので、ある程度は自然淘汰に任せようと思っている。大好きな魚だから、スペースさえあれば本当は全部残したんだけどね。

そうそう、ポリプテルスデルヘッジと混泳してるような邪道飼育している俺の環境は全くアテにならないと思うけど、とりあえずブリード成功例として情報をまとめておきますね。

【水槽】GEX 60cmスリム

【水温】23度

【飼育種】オヤニラミ×2匹、ポリプテルスデルヘッジ×2匹

【飼育期間】4〜5cmのサイズで購入してから約半年

オヤニラミの混泳でも一番禁断とされている2匹飼いなのに、たまたま上手くいったとしか言いようがない。そもそも産卵するまで雌雄不明だったし。

基本的にはケンカというより、体の大きかった♀が一回り小さな♂を常に攻撃して、♂はいつも水草に隠れてる感じだった。

それが2月あたりから♂の食欲が増して一気にデカくなり、あっという間にいじめっ子の♀を逆転。成長したなーと眺めてたら、まさかの産卵という流れ。

そう、俺は全くなにもしてない。

しかし、今後の稚魚の飼育はそうはいかない。孵化からの飼育はメダカしかやったことないから自信ないや。でも、大好きオヤニラミだからね。試行錯誤を楽しみながら頑張ってみます。

エラフスホソアカクワガタがやってきた

やってきました増種です(笑)

今回新たに購入したのは、ずっと狙っていたエラフスホソアカクワガタ。

f:id:carpoyaji:20200310221441j:imagef:id:carpoyaji:20200310221455j:image

下手くそな写真で良さを全く伝えきれていないが、実物はとにかく綺麗。ここまでとは驚いたねえ。キクロの王だけあって魅力あるわ。

そんな憧れのエラフスホソアカは、ショップであまり見かけることがなく、飼育難易度も高めということもあり、なかなか手が出せずにいた。

最近は価格の安さから妥協してメタリフェルホソアカクワガタでも良いかなと思っていたけど、ヤフオクでサイズも良く値段も手頃なのが出てきたので迷わず購入!すげー嬉しい。

f:id:carpoyaji:20200310222243j:imagef:id:carpoyaji:20200310222336p:image

妖艶な輝き、独特のフォルムにスラっと長く伸びたアゴ。初めてローゼンを手にした時と同じように一発で惚れた。

f:id:carpoyaji:20200310222921p:image

もちろん♀もいますよ。かわいいかわいい。

f:id:carpoyaji:20200310223436j:image

とりあえずクリアスライダーに別々で入れて成熟待ち。やたらと♂が元気に動き回るから、未後食だけど念のためゼリーも入れておいた。

キクロ系は初飼育だから不安もかなりあるけど、低温飼育さえ気を付ければどーにかなりそうな気はする。とにかく未知のゾーンなので楽しみ。

今年は、ローゼン、タランドゥス、エラフスホソアカの三本柱を真面目にやっていきます。

ヘラクレスオオカブト ブリード初挑戦④

番外編で書いたように、ヘラクレスヘラクレスの幼虫飼育ケースの準備ができたので、タコ飼いしている幼虫を個別のケースにお引越しです。

マットをガサゴソやってみると、いたいた。いましたよ。しかし、9匹いたはずなのに6匹しかいない。行方不明?溶けた?

f:id:carpoyaji:20200308173239j:imagef:id:carpoyaji:20200308174309j:image

成長具合としてはどれも2令かな。この時点でかなり凶暴。国産カブトやクワガタにはない攻撃反応だね。即噛み付いてくるし、噛まれたらかなり痛そう。こえー。

f:id:carpoyaji:20200308180456j:image

定番のRushレギュラーマットを詰めたパンやさんにちゃちゃっと引越しして、ヘラヘラ幼虫第1弾組の本格飼育スタートです。

f:id:carpoyaji:20200308174802j:image

第2弾組の卵は残り6個。10匹は確保したいから、全て孵化してくれると良いんだけどね。

オヤニラミ産卵

f:id:carpoyaji:20200307004750j:image

無謀?なオヤニラミとデルヘッジとの混泳をしている水槽でまさかまさかのオヤニラミ産卵。

f:id:carpoyaji:20200307003058j:image

購入時に瀕死だった個体もなんとか大きくなり、これで一方的にやられることはないなと思っていた矢先のまさかの出来事。本当にビックリした。

f:id:carpoyaji:20200307004047j:image

いじめっ子。今回の産卵で♀と判明。ずっと♂だと思ってた(笑)

f:id:carpoyaji:20200307004137j:image

いじめられっ子。購入時に縦に浮かんでいて完全に諦めたほど瀕死だった個体も、いつの間にかいじめっ子より大きくなっていた。こいつも今回の産卵で♂と判明。健気にヒレをパタパタさせて卵に水流を与えている。

この卵が有精卵かは不明なので、正直孵化はしないかなーと思っているが、産卵したという事実が嬉しい。できるだけのことをして見守っていきますよ。

f:id:carpoyaji:20200307005528j:image

そうそう、お魚とは関係ないが、水の栄養過多対策として外掛けフィルターで観葉植物の栽培を始めたんだけど、これがかなり楽しい。

所謂ハイドロカルチャー方式でやっていて、今のところ問題なくスクスク成長中。アクアリウムにはこんな楽しみ方もあるんだなと改めて奥深さを実感した。水耕栽培オススメです!